コウコラム:「服を買わない生活」の中で考えたアレコレを書きます

第2024回 「女性を黙らせる」歴史に終焉を


Instagram



今日のコウ手芸部には、
12月に首の椎間板ヘルニアに
なったというKさんが参加。

痛々しい感じでしたが、
「ミシンは大丈夫になりました」
ということで、4歳の娘ちゃんの
ワンピースをつくっておりました。

16時に手芸部が終了して、
片付けのBGM用につけた
テレビ(スカパー)のBBCニュースで、
イギリスの女優、エマ・トンプソンと
古典学者、メアリー・ビアードが
対談してました。

面白くて、つい見てしまいました。

メアリー・ビアードは、
イギリスではかなり有名人のようですが、
こちら↓の記事が面白い。

●ギリシャ神話時代から続く「女性を黙らせる」歴史に終焉を

上記記事内に登場する
『Women & Power』はこちら↓

番組は、
メアリー・ビアードが司会をつとめる
BBC arts カテゴリーの、
「Front Row」。

エマ・トンプソンが
ケンブリッジ大学卒業というのは、
初めて知りました。

ビアードとともに、
いまも女性の入会を認めないロンドンの
高級会員制クラブの図書館の椅子に座って、
私たちが座っているのを知ったら
当時の人は怒っちゃうだろうねえ、
バンバン(椅子をたたく)、
みたいな導入が面白かった。

『Women & Power』の内容とも
連動しているような、
#me too 運動に関する対談のようでした。

エマ・トンプソンが、
女性とは何かを聞かれて、
女性の定義はわからない、
と答えたという話とか。

女性は、「恥の文化(メンタリティ、
だったかもしれない)」と言われるが、
痴漢にあった女性の多くは、
触られた恥ずかしさよりよりも、
声を上げられなかったことを恥ずかしく
思うのだとか。

しかし、トンプソンは、
19歳で痴漢にあったとき、
声を上げたと。

人間は話すことができる。
それは大きな地震だ、と。


最後に二人は、
メアリ・ウルストンクラフト
(Mary Wollstonecraft,1759-1797)の
お墓を訪問していました。

お墓訪問は、世界中で定番の
フィールドワークなのかしら、
と思ったり(笑)。

メアリ・ウルストンクラフトは、
イギリスでの最初のフェミニズム理論家。

フランス革命を取材したりして、
著作『女性の権利の擁護』で、
女性の教育の重要性、教育機会均等などを
訴えた人です。

以前に、確か、
恋愛に関する論文集だかに集録されていた
ウルストンクラフトの短い評伝を読んだはず、
と思い出したんですが、
本の名前を忘れてしまい、
ざっくり検索しても出てこなかった。

女性の権利獲得への道は、
それまでの女性たちの怒りや、
出せなかった声を引き継ぎ、
ウルストンクラフトによって本格的に
切り開かれたのだと思います。

トンプソンとビアードのお墓訪問の意味は、
#metoo運動もその延長線上にある、
ここまできたよという報告活動
だったのでしょうか。

とはいえ、
ウルストンクラフト自身の人生は、
ちょっと切ないものでした。

娘が『フランケンシュタイン』を書いた
作家のメアリー・シェーンだという
ことでも知られています。

一昨年に、シェーンの生涯を題材にした
映画『メアリーの総て』が、
ちょっと話題になりましたよね。


最新刊『ワタナベ・コウの
日本共産党発見!!2』、絶賛発売中です↓

*********************
コウ先生の楽天お気に入りリスト↓
●着物JAPANリスト
●洋裁手芸リスト
●キッチン器リスト
●ミシンリスト
●猫リスト
●美容リスト
●食リスト
●靴リスト
●雑貨家具リスト
*************************

コウ先生のLINEスタンプ第3弾
「猫のマリコ」堂々発売中!

14
(↑クリックすると販売ページに飛びます)

*********************
コウ先生画、LINEスタンプ発売中です!
↓クリックすると購入ページにリンクします。
banner01_300px

banner02_300px

iPhoneでのLINEスタンプの買い方はこちらで!
 

*********************
コウ手芸部
コウ手芸部Google+
ワタナベ・コウの子ども手芸教室
●FB裁縫女子宣言!
●FB「裁縫する女」と近代日本
ワタナベ・コウの楽天myページ
クレヤン放送局

*********************

*********************
2014/10/21に開催された、
ワタナベ・コウの和光大学での講演
「裁縫する女」のジェンダー・ポリティクス」の、
当日配布資料のpdfファイルです↓
「裁縫する女」のジェンダー・ポリティクス
*********************
雑誌『hito(ヒト)』3号にインタビュー掲載

●「サイゾーウーマン」インタビュー↓
Mサイズ信仰、リバティ族……
裁縫したいオンナたちの虚栄とプライド

●文筆家の近代ナリコさんの『裁縫女子』(リトルモア)書評↓
http://bit.ly/fHvj35